業務用生ゴミ処理機『トラッシュ』

2022.12.22

入れるだけ、光熱費なし、自然環境を汚さない。
清潔無臭の生ゴミ処理システム


「すてる生かすとは……
生ゴミは燃やさなくても良いのです。
大自然の摂理に従い、ただ捨てるだけで構わないのです。問題は何処へ捨てるかです。
縄文弥生の時代から、生ゴミは一つの場所へ集められていました。その痕跡が貝塚です。
運ばず、燃やさず、そして処分(捨てる)場は、暮らしのごくごく近い処でよかったのです。
貝塚に象徴される、自然に任せた循環システムこそ、生ゴミ処理の理想形に他ならず、技術はほんの少し手助けするだけで良いのです。
「すてる」は生かすことに繋げられる。生ゴミ処理とはかくあるべきと、私たちはそう確信しております。


縄文 弥生に始まり、 ずっと長い間
生ゴミは 燃やさなかった。

低い投入口でらくらく投入。
土中温度の安定が生ゴミの分解発酵を促進させます。

①掘削 → ②組立 → ③埋戻し

施設導入例
■教育・公共施設
自治会
会社・学校寮
福祉施設
学校給食センター
学校・保育園 etc

■宿泊施設 等
ホテル
リゾート施設
レストラン
スキー場
ゴルフ場
キャンプ場 etc


Q&A
何で環境に優しいの?
自然のものを自然に還す大昔からの方法です。電気・ガス等の化石燃料を使用しないため、CO2はほとんど発生しません。
地球の地熱がエネルギーです。
機械的に壊れるところがありません。半永久的に使用できます。


一日あたりの処理量は?
バスターは約30kg、ジュニアは約10kg、ファミリーは約1kgが処理量の目安です。
処理量は一日平均で、多少の過多は問題ありません。


設置場所は?
約一坪程度が必要です。埋設後は投入口(600mm)が地上に出るのみです。水はけのよい所が向いています。
外気温はほとんど関係ありません。沖縄の西表島や-20度以上になる北海道の厳寒地でも多数活躍しております。


なんで悪臭・はえ等発生しないの?
完全密封で、臭いは殆んど皆無です。
土壌菌が害虫の卵を羽化させません。
腐敗ではなく発酵です。土壌菌が極端な発酵を抑えています。

PAGE
TOP